TDK株式会社

電子部品電機・精密機器・電子部品

Company View Point 海外売上比率92%の電子デバイス・電子部品メーカー 世界30か国以上に約200拠点の営業所・生産拠点で事業を展開する、連結売上高1兆4,790億円のグローバルカンパニーです。 祖業である「フェライト」の磁性技術を応用し、フェライト素材・磁気テープ・積層部品・磁気ヘッドという世界に誇る四大イノベーションを確立して参りました。 現在では、フェライトのみならず、コイル、トランス、セラミックコンデンサ、センサ、アクチュエータ、磁気ヘッド、マグネット、電源、電池など多種多様な製品を世界中に提供しています。 TDK独自のコアテクノロジーと“モノづくり力”を生かして、ICT(情報通信技術)、自動車、産業機器・エネルギーなど幅広い分野で事業を展開し、社会のニーズに応えていきます。
代表者名 石黒 成直
創業 1935年
設立 1935年
資本金
326.0億円
(2021年3月期)
売上高
14,790.0億円
(2021年3月期・連結)
営業利益
793.0億円
(2021年3月期・連結)
従業員数
129,284人
(2021年3月期・連結)
今後の展望 現在、人々の生活や産業において、極めて高度なネットワークによるスマート社会が訪れようとしています。この新たな社会システムの実現のために、TDKでは、ICT(情報通信技術)、自動車、産業機器・エネルギーを重点分野として注力する一方、人々の健康で快適な暮らしに貢献するウェアラブル・ヘルスケア分野といった新ビジネスも創出いたします。特に、「センサ・アクチュエータ」、「エネルギーユニット」、「次世代電子部品」を戦略成長製品と位置付け、いっそうの飛躍を目指していきます。
世界30以上の国と地域を結んだグローバルネットワークをフル活用して、独創的で価値ある製品をスピーディーに提供していきます。そしてイノベーションの創出に挑戦する企業として、TDKはさらなる成長を続け、エレクトロニクスの未来と社会の発展に貢献してまいります。
特長・強み 1.TDKのコア技術とモノづくり力が支えるエレクトロニクスの未来
                                   
幅広い製品ポートフォリオを特色の一つとするTDK。ICT(情報通信技術)、自動車、産業機器・エネルギーを重点分野として注力していきます。
「ICT(情報通信技術)」では、スマートフォンをはじめ、あらゆるものとつながるキーデバイスが進化していきます。超高速・大容量ネットワーク社会の実現に向けて、独自のコアテクノロジーを駆使した電子部品・モジュールが可能性を大きく広げます。
「自動車」では、排ガス量低減が大きな課題となっており、xEV(HEV/PHEV/BEV)の開発・普及が求められています。
TDKは、車載用途に適した信頼性の高い電子デバイス・電子部品を提供していくことで、自動車の安全性・快適性・環境対応を支えて行きます。
また、エネルギーの有効活用のため、さらなる効率化・軽量化・高精度化が求められる「産業機器・エネルギー」の分野では、独自の材料技術と加工技術を駆使して、クリーンでスマートな社会の実現に貢献します。
一方、人々の健康で快適な暮らしに貢献するウェアラブル・ヘルスケア分野といった新ビジネスも創出していきます。
     
2.海外生産・海外売上比率はおよそ9割。研究開発もグローバルです。
                                  
TDKは世界中の30以上の国や地域に、工場や研究所、営業所などの拠点を設けており、その数は合計で200カ所以上、従業員は12万人以上います。                           
こうしたグローバル化の進展にあわせて、海外生産比率は約86.2%、海外売上高比率は92.1%に達しています。
研究開発もグローバルな体制。日本だけでなく、ヨーロッパ、アジア、アメリカの4極体制で、それぞれの地域と事業分野の優位性を活かし、ワールドワイドに展開しています。
本社所在地 〒 103 - 6128
東京都中央区日本橋日本橋二丁目5番1号高島屋三井ビルディング28階
エントリーする